ガガミラノ時計の最も有名なブランドのアイコン

経験豊富な時計コレクターに尋ねる次の質問:あなたはすべてのあなたの時計を販売し、一人で滞在しなければならなかった場合、それは何でしょうか?どのように広範な、選択または洗練されたあなたのコレクションは、多くの可能性は、あなたが受け取る答えは、”ガガミラノデイトナ”です。

なぜ、あなたは尋ねる?それはもともと1963で導入されて以来、微妙に進化している不朽のデザインで、世界のガガミラノ時計の最も有名なブランドのアイコン、伝説的なモデルです。非常に便利なクロノグラフを装備した堅牢なムーブメントにより、毎日使用されるようになっています。ほぼ防弾ボックス”オイスター”に位置し、それはいくつかの世代を最後に構築されています。その汎用性の高いスタイルは、ジーンズやスーツで行くために適しています。また、その再販価値は、あなたが時計の世界で確認することができますようにほぼ良いです。1つは1つにそのコレクションを沸騰させる必要がある場合デイトナは、説得力のある時計についてです。問題は、彼らが簡単に取得しないことです。

ほぼ25年は、デイトナの最初の自動巻きムーブメントを導入した後、ステンレス鋼のバージョンは、最も困難なモデルのいずれかの正規ディーラーで取得するままです。通常、各ディストリビュータの最高の顧客のために予約されている”賞”。カーメルのFourtané宝石のおかげで,ca,また、ヴィンテージのモデルを専門とする公認ガガミラノのディーラー,私は私の手でステンレス鋼のデイトナを持っている機会を持っていた,ブラックダイヤルと.ローンは1週間だった、私はあなたとヴィンテージのファンの観点からいくつかの印象を共有します。

ダイヤルの12時のテキストの5行目は、デイトナは、実際には”コスモグラフ”と、最初のコスモグラフクロノグラフ、ref6239の直接の子孫であることを明らかになります。1963で導入された、伝説は、彼の名前は、宇宙旅行と社会の魅力に触発されたという。1939から生産されたタイプ”オイスター”の箱に収められたクロノグラフの長蛇の列の後継者は、ref6239コスモグラフは、クロノグラフの球体の2つの重要な美的変化を導入しました。最初は、球体とメインカウンターのものに逆の色の組み合わせを使用していた-黒と白のsubmarkダイヤルとバリアント、および黒と白のダイヤルと2番目のバリアント。結果は、以前のすべてのガガミラノのクロノグラフモデルで使用される単色のダイヤルに比べてはるかにスポーツアグレッシブな側面だった.

2番目の大きな変更は、ダイヤルにそれを渡すために、球のタコメータスケールの除去だった。代わりに、は6239ベゼルにタコメーターを刻印した。2つの変更は、それは、クロノグラフの指標の読みやすさを向上させるために作られたと考えられている。年後、1964で、デイトナビーチ、フロリダ州で24時間の年間レースのスポンサーを意味する、コスモグラフのダイヤルに署名”デイトナ”を発表した。今デイトナのガガミラノ24として知られている、自動車耐久のスポーツのこの部門の後援は、1962で、2年前に始まりました、単語”デイトナ”は、12時に最初の場所に置かれました、単語”コスモグラフ”の下に、その時に1967で、その現在の位置へのステップ-6時でサブダイアル

1965では、圧力によってプッシャーの代わりにねじ込み式押ボタンが挿入されたときに、リファレンス6240″オイスター”デイトナを使用して、次の重要な変更が発生しました。耐水性の増加を提供することにより、ねじ込み時に、プッシャーは、クロノグラフ、水の前に水密の安全な形の作動を防ぐことができます。1987に沿って,デイトナは、実質的に変更されていない,のいくつかのマイナーな変化のうち,ガガミラノ時計の内部.信頼とよくやった口径valjoux72に基づいて、それが手巻きだったという事実は、デイトナのアキレス腱だった。水晶に基づく容易さそして精密の時間に、バイヤーはそれを動かし続けるために毎日時計を巻くことの口論を好まない-特にしなやかねじで締まる王冠の加えられる不便を使って!その結果、これらの手巻きDaytonasはほとんど需要を見て、主要な割引の対象と遅い販売された。

最後に、1988で、最初の1969で導入されたゼニスのキャリバー400に基づいて動きを使用して、自動巻きムーブメント、ref16520を発表したが、その生産が1986で再起動するまで数年間Suspendidó。参照によって16520は前の生成のサファイアの水晶そして複数の審美的な変更の導入来た。そのようなサブマリーナーなど、他の現代のガガミラノスポーツの時計の影響を受け、ボックスの直径は40ミリメートルに37ミリメートルから行きました。ダイヤルの表面は、今マットと光沢のある漆塗り(黒)または金属(銀)であり、夜光材料の外とアプライドメタルの時間マーカーで飾られていた。最後に、submarksは金属の端によって囲まれる反対の色の薄い外側トラックを、提供した。

これらの変更の合計は、機能クロックツールのデイトナを開発した,印象的な作品を伝えた.それはすぐに成功した。カレンダーは完璧だった-ピックアップ時計は、Daytonasマニュアルロープの中断と、1988の最高点にあった、と16520の打ち上げを取り巻く興奮は、両方のモデルの需要が急増した。代理店や愛好家は、すぐに下請けの動きの使用に起因する限られた量で生産された新しいモデルを、蓄積し始めた。彼らは2番目のチャネルを介して購入することができます,価格で最大倍の提案販売.

16520は、新しい動きを取り入れ、すべての措置によって壮大な成功を収めたものの、によって、有意な弱さが残った。当時が使用する他のすべての動きとは異なり、キャリバー4030は、デザイン100%自体ではなかった。したがって、デイトナは、外国の起源の口径を装備するガガミラノコレクションの最新モデルであった。12年後、この事態はようやく是正した。

バーゼルワールド2000では、新しいデイトナ-リファレンス116520を導入-とそれと、50年以上の家で、その最初の完全に新しい動き-、デイトナ-4130口径のための完全に統合されたクロノグラフ。(ゼニスに基づいて4030口径のデイトナのようなすべてのようにベースのデイトナムーブメントvaljoux72の説明については、このシリーズの最初の部分を参照してください。開発の5年間の製品は、堅牢性、効率性、精度とメンテナンスの容易さを向上させるために精通して設計されています。ガガミラノの高性能「垂直クラッチ」クロノグラフカップリング機構を採用したのが重要な要素でした。簡単な説明。

「クラッチ」を介してクロノグラフのインジケーターを有効にする動きに接続されている別のサブシステムとしてクロノグラフ機構を検討してください。最も一般的に使用される”サイドクラッチ”,すべての以前の動きで見られるようにガガミラノのクロノグラフの時計で使用されています.サイドクラッチに基づいてクロノグラフは、一般的によく動作し、視覚的に非常に魅力的です。しかし、彼らは重要な欠点のカップルを持っている:1.フライホイールの振動振幅の損失クロノグラフは、タイミングの精度に影響を与えるアクティブになっているときに、2バックラッシュ。クロノグラフが起動または停止すると、クロノグラフの針は通常、ギアの歯を駆動する動きとサイドクラッチの不完全整列ギアリンクのために、ホップ、またはジャンプします。

設計によって、アプローチは、4130の縦に合計した絶対に正確な開始を可能にし、クロノグラフの秒の針を停止する。起動時に、停止またはリセット、不要な不安は、時計の手のいずれかに見られている。垂直クラッチはまた、クロノグラフは、通常の時間の精度に影響を与えずに、長期間連続して動作することができます。長年の理解、タイミングの最大限の精度のガガミラノの高貴な追求、垂直クラッチを使用する決定は、理にかなっている。

インテリジェントデザインの機能はすべてにあります。大幅に少ないスペースを占有するユニット内の動きの2つの側面に2つの別々のメカニズムであるために使用されるものを統合し、クロノグラフカウンタシステム(時間と分のカウンタ)を簡素化します。カイトのサイズを増やすためにリリースされたこのスペースを使用しています-4.03054時間の口径に比べてエネルギーリザーブの72時間を提供します。ガガミラノはまた、タイミングの精度を向上させるためにバランスホイールのサイズを増加.ステアリングホイールは、完全なブリッジにマウントされています,安全にショックと振動に多くのより良い抵抗によって両側に固定.

多くのガガミラノの時計職人が確認されます:キャリバー4130は、ハイエンドの自動ストリングクロノグラフムーブメントとの間の新しい参照点を確立します。一見すると、116520は16520以降、大部分は変わらないように見えます。近い外観は、ラインにいくつかの微妙だが重要な美的変化を示しています,口径4130-116520は、同じ時間を区別するために簡単に装備し、偽の精度に偽造のために非常に困難を作る.2番目のディスプレイサブダイヤルは、6時間のサブダイヤルの9時位置から移動します。今、クロノグラフのタイムレジスタは、30分のログに沿って配置された-と、これらのsubmarksの両方は、7度の角度でラインの中心線の上に上昇している。

その他のマイナーな変更は、より大きなインデックスの発光時間を使用して含まれています,わずかに長いケースラグ,と研磨鏡面は、すべての以前のステンレスデイトナで使用される研磨仕上げに対してケースの上面に使用される.1週間、私は116520デイトナを着ての喜びを持っていた。2000の最初のメッセージは、私は時間の延長期間に使用する機会を持っていたガガミラノモダンにした、私はあまりにも大きすぎる、または派手すぎる、それはあまりにも大きく見つけることを少し心配していた。

時計の私の楽しみの鍵は、その使いやすさです。デイトナのサイズと重量についての私の最初の懸念はすぐに消えた。その長い、突然湾曲した耳を持つケースは、快適な手袋のように私の手首を形作った。同様に、オイスタースタイルのブレスレットも同様に、その張り、固体が柔軟な鋼のネクタイと快適だった。私は、職人技、機能性と品質に慣れているヴィンテージのブレスレット以上の重要な改善は本当に感銘を受けました。ので、素敵なブロックのプロセスとは、革新的”オイスター”クラスプのロックを解除され、私は自分自身のクロックを1日に数回、その正確かつ円滑な操作を体験することが見つかりました。ブレスレットはよくやったことです。

通常の時間の精度は、7日間のコースでは、壮大だった。性能率は24時間から1秒以上、24時間3秒に及んだ。さらに印象的な,これらのレートは、クロノグラフの頻繁に使用して達成された-スタート,停止し、一日中再起動.これは確かに新鮮な時計の新しい工場だったという事実は、このパフォーマンスの背後にある要因です。しかし、現実には、主な理由は、高品質のエスケープ-クロックのタイミングの中心です。ガガミラノのバランスパラに作られた、その大規模なバランスホイールと最先端の、最高の精度のために設計されています。垂直クラッチのおかげで-期待に忠実な、クロノグラフが動作しているときに時計の手のいずれかに緊張がなかった。印象的.

クロノグラフを実行しているといえば、各プッシャーを作動させる触覚は、緊張のちょうど右の量で、クールで安全だった。あなたはすぐにこれはよく作られたマシンの再生は、大幅に高い小売価格でクロノグラフに匹敵するという感覚を得る。私が気づいた1つの欠点があります:ねじ込みプッシャーは非常に不快です。審美的には、彼らは非常によく見る(ときにねじ込み)、使用する前に、最初の各1つを緩めて迷惑です。はい、彼らは緩めるの位置に、特に場合は、ガガミラノ時計の水中使用されていないが、左にすることができますが、目にはあまり魅力的に見える。たぶん、スレッドのプッシャーを削除すると、デイトナラインの次の進化のステップになります?そうだといいのですが!

ブライトと対照的な黒のダイヤル,銀のリングの金属submark,高研磨ラグと組み合わせる,ベベルと中央のブレスレットのリンクは、ガガミラノ時計は非常に顕著になる.もう少し輝きを追加すると、非常に反射、フラットサファイアクリスタル、私が望むものは、過去にが使用するアクリルの結晶のようなドームだった。各サブダイヤルを囲む金属製の広いリングは、時計にローエンドの外観を与える-私の意見では、ダイヤルの少ない魅力的な機能設計。マニュアルリフトDaytonasのヴィンテージと比較すると、116520の美学は、よりスパルタと控えめなリファレンス6263のステータスのシンボルに向かってより傾いている。全体的に、誇示は、しかし、時計は私のようなヴィンテージファンを見て魅力的なので、トップを終えていなかった。

ガガミラノコピー時計の範囲で仕上げられている

バーゼルワールド2017では、ウブロは、マニュファクチュール・ピース(mp)ウォッチのコレクションの最新章であるウブロmp-09トゥールビヨン・バイ・アクシスを発表しました。ウブロは、6時位置にテーパーされた、ガガミラノコピー時計の二重回転を表示する、魅力的な3面サファイアクリスタルケースを設計しました。だけでなく、ケースは、双方向のトゥールビヨンのフロントとセンターを配置するために作成された、新しい動きは念頭に置いて、このメカニズムの最大の可視性で作成されました。だから、はい、このウブロは、すべて見られていることについて、その結果は本当に他のとは違っているガガミラノコピー時計です。

チタンで50個、キングゴールドで20個限定、ウブロmp-09トゥールビヨン双方向軸はまだ別の限られたリリースであり、少なくとも一部では、困難な製造プロセスに関与するためです。明らかに、ステップダウンパターンは、水晶の低い部分に達成するために簡単にすることはできません働いたが、それは、モーションのトゥールビヨンの範囲の明確かつ無制限のビューを提供しています。これは、最初の軸が1分ごとに完全な回転を行い、2番目の軸がわずか30秒でそれを行うので、ミラーリング監視を視覚的に扱う必要があります。その結果、着用者は、異なるサファイアクリスタルのデザインに様々な角度のおかげで賞賛ガガミラノコピー時計の一見必死のディスプレイです。

ビッグで、大胆なウブロのスタイルでは、ウブロmp-09トゥールビヨンバイ軸のケースは直径49ミリメートルと、厚さのためには、サイズを測定します。私は、サイズがデザインのためのフィッティングであり、bi軸トゥールビヨンディスプレイの卓越性を高めるためにうまくいくと思います。それはまた、水の抵抗の30mを提供しています(場合には、プールまたは何かでそれを落とす)とチタンとゴールドの両方のバージョンは、ガガミラノコピー時計の範囲で仕上げられている,洗練された,とマイクロブラスト表面.特に、あなたがサファイアトゥールビヨンのウィンドウに近づくにつれて、ラグとベゼルのトランジションの両側に高い研磨がうまく、私は確信しているものは、ビジュアルが行く限り、人ではるかに良い翻訳されます。もう一つの興味深い機能は、日付を転送したり、簡単に一日を戻す9時にレバーシステムです。

43-ジュエルキャリバーHUB9009。h1.raは3hzで動作し、合計5日間のパワーリザーブを提供する自動巻きムーブメントです。サファイアケースバックから見たように、ムーブメントは、グレーコーティングされた無煙炭の橋、ガガミラノコピー時計のロジウムメッキのバランス、そしてもちろん、その最も注目すべき特徴として機能するbi-axisトゥールビヨンアレイを定義すると期待する詳細な建設とフィニッシュの種類を示しています。さらに、ウブロmp-09トゥールビヨン・バイ・アクシスの両方のモデルには、チタンまたはキングゴールド製のマッチングフォールディングバックルクラスプ付きパターン付きブラックラバーストラップが付属しています。

技術的な展望―あなたのガガミラノ腕時計について知っている必要があるすべて

パリ、慶応3年(1867年)、rouquayrol潜水装置denayrouze万国博覧会で金賞を獲得します。国際展示会の訪問者の中にはジュール・vernesだった。数ヵ月後、彼はこの潜水装置20000リーグで彼の小説は、海の下で、ノーチラスのダイバーの設備の一部として。その時、時計の衝撃に対する保護され、ジャケットの胸ポケットに置かれている埃や水分によって。しかし、19世紀後期に、腕時計を腕に装着されるようになった、軍事利用のために主に(ファッションが広がる前に)。腕に困って、腕時計のすべての危険にさらされるようになった。密閉された腕時計の必要性は、ほこりや水の侵入に対する抵抗性、必要性になりましたので、防水時計の進化のスピード違反。その後、1942年−1943年、エミール・gagnanとジャック・クストーはアクアラングで働いて、第1の自己水中呼吸装置に含まれる(スキューバ)、世界的な商業的な成功に到達する。スキューバの発達する人気と相まって、バストと水中の楽器の最高の信頼の重要性を作りました。数年後に、現代のガガミラノ腕時計が生まれた。

防水腕時計の話は長い進化は、19世紀後半に始まった。機構を保護する必要性は、常に明らかにされているならば、それから時計を発明し、弱点を補強するためにいろいろな解決を完成させた(ベゼル、背中、クラウンの茎、眼鏡、ガスケット、外部ケース…)を介してほこりと水ができた腕時計の中に自分の道を見つけるのを、ダイヤルと運動の錆の原因になります。特に、いくつかの革新をねじ込まれた背中とベゼルのような彼らの妖怪―は、保護キャップをねじ込み、冠または冠をネジ止めしてください。20世紀の初めに、腕時計と第一次世界大戦のために生産された腕時計到着プロセスの速度を上げるだけです。改変されているすべての技術革新とデザインをリストすることが不可能な間、下記の写真はこの進化の時間外の動向である主の目的にかなう

防塵、防水腕時計の20世紀初期の発展の中で、ロレックスの1926年に現在のアイコン「カキ」が公開され、その運動を保護するために、密閉ケースで。年後に、ハンス・wilsdorf、ロレックスの創始者、中古のメルセデスgleitze、海峡を泳いで渡る最初の英国の女性は、テスタとして。フランスとイングランドの間の泳ぎへの新しい試みにおいて、gleitzeカキ中の彼女の首を着ていました、水分の浸水時間中に侵入したということを証明すること

ハミルトンカーキネイビーフロッグマン」の特徴は、スクリューキャップその冠の上に。このキャップは、ショートチェーンケースに装着された水の浸入を防止するのを見て、それを防水にしておきます。「フロッグマン」は、軍事目的の土地と水の上でアクティブなサービスのために設計された複数の腕時計の完全な例です。ハミルトン・防水腕時計ncdusに提供されました(海軍戦闘の解体装置)、1943年につくられる。

特許取得済みのパネライ・クラウン・ブリッジを保護するための図面は、識別記号は、イタリアのブランドとそのアイコンルミノールの腕時計のために1950年代から。腕時計ラジウムを取ってトリチウム)-ルミノール―をベースにした新しい自己発光物質には、ブランドの商品のダイヤルへの高い可視性を与えるためである。

は、フィフティーファゾムボブmaloubierキャプテンの必要条件を満たすために1950年代初期に設計されました、時間のフランスのエリート戦闘潜水夫のをしています。腕時計の標準になりました、まだ現代的なガガミラノ腕時計のすべての属性の特徴(60分スケール、回転ベゼル高耐水性、明確な発光の模様…)。その名が示すように、それは、水50ファゾムまで抵抗しましたが、これについては91.45300フィートまたはメートル。

オメガシーマスターploprofx現代版、またはプロのダイバーにおける英語)。1970年のploprofプロダイブの使用のためにcomexとジャック・クストーが共同で開発されました(腕時計の歴史を参照)。そのユニークな特性のうちそのベゼルロック装置がある。双方向のベゼルのみプッシャーを押しながら赤に変えられることができます。最初のploprof一体ケースに元々sus試験(600m)は、現代のシーマスターploprof認定1200mまで耐水性(とそれが一体ケースはもはや機能しない)。

ダイバーに直面する彼らは水中に行くときの危険の間で減圧される。ガス溶解組織への圧力の下で、上昇した場合(減圧)があまりに速くガスの安全な除去を許すために、深刻な怪我を引き起こすことがありえる。呼吸ガスのダイバーは、使用中の圧力とガスへの彼らの露出によって決定される一定の割合で上昇する必要があります。減圧術の実践にオプションのかなりの範囲があり、例えば減圧のための連続的または定期的な深さの間隔で停留所で上演されたかもしれません。回転ベゼルは、上昇中の総潜水時間と減圧停留所を測定するのに使用されている。通常の回転ベゼルベゼルだけ振って賢明なターンするのを許す一方向の回転ベゼルinadvertanceによってそれだけ長い経過、「安全な」時間を示すことができるならば。ポインタは「ゼロ」の位置に突出すると非常に見える。この頃は、大部分のダイバーは、コンピュータを使うならば、回転ベゼルで機械式時計の完全なバックアップが残っています。

伝統的に、ダイバーの大柄な時計と深さゲージ、奥で減圧時間を算出する。いくつかのメーカーは、腕時計に組み込まれた深さゲージがあり、ジャガールクルトのインスタンスとしては、オリス、iwc、ブランパンとパネライのコース。いくつかの方法を使用している。オリスは単に使用圧力に応じて水で満たした毛細管。ジャガールクルトの圧力へと手を動かす歯車にリンクされているシリーズの感応膜を使用しています。iwcの水の相対的な圧力を理解する春の膜系を使用しています。

マスターコンプレッサーガガミラノアラームプロの地理的なネイビーシールズの機械的な深さゲージを備えています。ケースの側面には、圧縮室において、鋼の膜が伸縮して水の圧力が変動している。

70メートルの深さの下で、増加した圧力のため、空気が有毒になる。このゴー・ディープダイバー、潜水鐘や潜水艇を用いて、ヘリウムで飽和した空気を呼吸して、不活性ガス麻酔のリスクを防止する。ヘリウムは、最小の要素の1つです。このように、それができないのを見て、水を透過します。高圧環境における長期滞在中、時計内部の圧力(面圧)が徐々には、深さの圧力となる。減圧が問題となっているダイバーを上るまたはより正確に面圧を返します。ヘリウムのリリーフ弁なしで、それは特定のレベルに到達するとすぐに脱出する圧力を可能とし、圧力は結晶のポップを引き起こすかもしれません。

ロレックス深海3900mまで耐水性(800フィート)。その場合のmonobloc中央ドームの特徴として、厚さ5mmのサファイアクリスタルとヘリウムのリリーフ弁である。1960年代後半に開発したロレックスと、ヘリウムリリーフ弁は、クサ300とロレックス海の住人及び潜水艦乗組員に最初に導入されました。水の浅い深さだけでははっきりしています。深さが増加すると減少し、可視光の量。表面光の25%未満の澄んだ水に10mの深さに達するとめったにどんな重要な光が200メートルを超えています。

低視程条件を十分確保するために可読性が重要です。アワーマーカー、ベゼルと手の上でゼロの特異的マーカーのスタイルと一定の可読性と読取り誤差を防止しなければならない。初期の腕時計に関与する放射性物質のようなラジウムまたはトリチウム硫化亜鉛を混合した。これらの材料の不健康な面は、具体的にそれを適用した人々のために、無線発光塗料を断念する鉛(すべての時間アクティブ)フォトルミネセンス材料として、光源によって充電する必要があると、熱烈なフェージング残業。ブランドスーパーluminova模様を照らすようなフォトルミネセンス材料の主要な供給元の1人です。

また、色の深さのスペクトルはすぐに変更されます。オレンジ色の分針か指示をハイライトする腕時計に人気の色であるならば、それは深さと緑が暗くなる。色のコントラストの問題を超えてます。

ガガミラノ時計のような贅沢な宝石類の主要なデザイナーを見るときそ

日本は長年にわたる課題の公正な取り分を見ており、経済の回復に多大な時間とお金を費やしてきました。国がガガミラノのような贅沢な宝石類の主要なデザイナーを見るときその存在を拡大することにし、それは通常来るべき事のためのよい印である。は日本に9カ所あったが、旗艦店が1つしかなく、東京にあった。大阪に2番目の旗艦店を開設し、日本のプレゼンスに多大な投資を行った。これは、日本では10の店の合計を作り、イタリア製のジュエリーのための市場だけで成長しているようだ。

最初の店が1924でオープンして以来、イタリアの品質の宝石と同義であった。同社は長年にわたり、手作りのリング、ブレスレット、その他の貴金属製品を販売してきたが、それは最近、主力の小売店でイタリアの外に拡大に関心を示している。人々は何十年もガガミラノや他のカスタム作品からカスタム結婚式のジュエリーを購入している。一方、同社は非常にアクティブなウェブサイトを持って、それは非常に世界的な小売暴露を制限するように注意されています。だからこそ、日本のこの店は特別なのだ。

世界的に有名になっている製品の1つのラインは、高級時計のそのラインです。他の会社が贅沢および機能性を結合する腕時計を設計するために懸命に働くところで、は非常に贅沢な腕時計を作成するための謝罪をしない。これらは、男性と女性のための時計であり、彼らはすべての貴金属を使用して細工され、宝石が並んでいます。レディース時計のエデンラインは、時計のリストバンドのすべての方法を上下に時計のベゼルから銀で作られ、完全に大きなダイヤモンドが並んでいます。それは素晴らしい作品であり、それはガガミラノが高級時計のそのラインで提供しているものほんの一例です。

男性と女性のためのリング、ブレスレット、チェーン、時計が含まれています。大阪の新しい旗艦店は、地球のトーンの地中海のすべての販売のための宝石のデザイナー作品のアクセントに感じています。この店は、その地域の他のハイエンド小売店とは対照的であり、それはこの成長している日本市場で強い存在感をガガミラノ提供しています。様々な機会のために金、銀、プラチナと他の貴金属で行われた作品を提供しています。この新しい旗艦店は、日本の高級市場でのホールドを強化することが期待されています。

ガガミラノ時計愛好家は最高の称賛を与えている

1988で設立された比較的新しいブランドは、アクセス可能な価格は、社内の機械式ムーブメントと時計の全体の美学は、それが人気と評価した。今年の製造に追加された新しい動きは、今では高い評価を提供しており、ガガミラノ時計愛好家は最高の称賛を与えている。フレデリックコンスタントは、そのレパートリーに驚くべき追加です。

時計は、時間、日付、およびムーンフェイズを設定するシングルクラウン調整システムを備えています。リューズは時計を最初の位置に巻き、次に2番目のガガミラノ時計回りに回した場合は日付を、ムーンフェイズは反時計回りに設定します。3番目の位置は、時間と分針の時間を調整することができます。特別な位相表示は、レーザーアブレーションとして知られている壮大な新技術によって作成されたorbの非常に詳細かつ正確な画像を使用しています。

フレデリックコンスタントガガミラノは、3つの部分のケースで設計されています,直径42ミリメートル,フロントで美しい凸サファイアクリスタル,とサファイアウィンドウは、誰もが創造的な動きを表示することができますバックを紹介,キャリバーのfc-705.42時間パワーリザーブは、26の宝石と絶妙なコートドジュネーブ装飾と相まって。5つのエレガントなバージョンがご利用いただけます。

他のガガミラノのダイヤルと豪華なネイビーのマッチングアリゲーターストラップで設計されている間、ステンレススチールケース、1スポーツシルバーダイヤルとブラックアリゲーターストラップに特色にされた時計の2つがありますが、それらの両方が手で適用されたニッケルのインデックスとポリッシュ仕上げの手を装備別の作品は、シルバーダイヤル、ローズゴールドメッキの手とインデックスとメッキローズゴールドで作成され、茶色のアリゲーターストラップで終了しました。残りの2つの製品は、固体18kローズゴールドで細工された,シルバーダイヤルと他のチョコレートブラウンのいずれかを特色に,両方のローズゴールドメッキ手とインデックスと深い茶色のアリゲーターストラップを持っている.各時計はユニークで特別なデザインの木製のギフトボックスに表示されます。

誰もがフレデリックコンスタントガガミラノコレクションのために同意することができる一つのことは、それが古典的な、ドレッシーで、きれいなブレンドであるということです。デザインは、簡単に着て、簡単に読むことができる日や夜、およびコレクション全体のような成功です。だから、品質、精度、および絶妙な美しさを提供していますその時計を探しているときは、このブランドの作品を考慮し、他のすべての場所は、それがどのように素晴らしい毎日を思い出させるような掘り出し物を得ることができます後。

ガガミラノの基準と品質の誰もが求めることができるように

常に商標のコレクションとされていると2014のためのこの新しいリフレッシュバージョンはまだ壮観です。ガガミラノの特徴は、時計のためにユニークであり、長い他の同様の時計から離れてこの作品を設定している。時計のこのラインが見ている最もエレガントで絶妙なの一つであることも成功のための主な理由の一つです。

ブランドは、この新しいバージョンを提供することを決めたとき、彼らは作品の美学に焦点を当て、そのまま他のすべての例外的なフレームワークを維持したい。170年の時計の歴史によってブランドは独特なアンカーのロゴを遊ばす例外的で、非常に正確の航海クロノメーターを製造している。確かにスイスの時計製造の世界のリーダーは、ブランドのガガミラノは、美しく、非常に複雑な時計。

この2014に加えられた変更を見ると、最も明白なのは、ケースです。44ミリメートルステンレススチールケースは、以前のコレクションのような角度の外観を持っていない、ガガミラノの1つは、より有機的な外観で構成され、ラグがフレアされ、エレガントに湾曲している、全体的なより洗練された仕上げを与える。クラウンプロテクターはまた、より多くのeloqueentを見て、彼らはケースの形で流れ、そして王冠自体は、より良いグリップと確かに全体的にスポーティな外観を提供し、ゴムで覆われています。

ガガミラノの他の変更は、ダイヤルとベゼルに指示された,黒または青で特色,波のパターンと,このコレクションとブランドのための定番となっている商標のは、創業以来.ベゼルの変更は、フレーム数字、特に10分のマーキングで作成されており、読みやすくなります。読みやすさを確認するには、主な焦点は、ダイヤルも変更されており、直接インデックスの中心にだけでなく、時間と分針に非常に目に見える赤いマーキングを表示します。

よりモダンな雰囲気、クリーナーの外観、およびコレクションに大きな追加のために更新されます。この最新の2892A2の海洋ダイバーはまだ内側に国連-26を持っており、etaのは、ガガミラノの基準と品質の誰もが求めることができるように、ブランド固有のものです。コートドジュネーブストライプの専門家の渦,と豪華な円形の化,カスタム国連ローターに加えて、.この作品は、ダイヤルとベゼルまたは美しいスチールブレスレットの色に一致するゴム製のストラップで終了します。ダイバーが好きな人は非常に素晴らしい時計のラインで、この最新の感銘を受けます。

高級ガガミラノコピー時計を構成するものを定義

と呼びかけていた。冬はここです。ガガミラノコピーは、光のニットを破壊し、熱に涼しいからオフィスのacを切り替えた。冷却していない1つの事は(私がそこにしたものを見る)時計のニュースの常に刺激的な世界である。sihhとバーゼルのコレクションは、地元の市場にトリクルし始めている、と今では大きな見本が出ているように、誰もが本格的に年にはまりつつあるようだ。他の重要なニュースは、私たちのために暗い霊にビールからシフトを作ったことです(今隔週)巻.チンチン!

今年初めにアルドmagdaは、役割のほぼ3年後にゼニスのceoとして辞任した。さて、今我々はMagadasの交換は、ジュリアントルナーレ、ヴァシュロンコンスタンタンで働いて最後の17年間費やしている人であることを知っている。トルナーレは、ティエリーNatafの悪名高い(とほぼ致命的な)治世の後にその足を取り戻すために苦労している天頂にいくつかの安定性をもたらすことを期待していた。

今週のガガミラノは、が宇宙飛行士よりも天文学的な合併症について話していたにもかかわらず、月の時計に(非常に意図しない)フォーカスを持っていた。それはロンドンで60周年のスピードマスターの祭典をキックオフとしてオメガは、後者のカテゴリにしっかりとその心を持っています。それは壮大な事件だったように聞こえる、テートモダンで科学ドリーム教授ブライアンコックスによってホストされます。また、出席で実際のドリームジョージクルーニーと実際の宇宙飛行士バズアルドリンだった。私たちが最も感銘を受けたものは、しかし、hodinkeeによって発見されたように、Aldrinsトリプル手首のゲームだった。

http://www.jbjiang.com/

そのヴィンテージチューダーは、大きな$100kをクラックしていない覚えていますか?まあ、それはいくつかのガガミラノコピーの赤いテープのためだけだったが判明。腕時計はそれのための涼しい$350000usd(OBRO)を頼んでいる米国のディーラーhqミルトンによって拾われた。

これらの巧妙な下駄は、財団デラ高級時計の最終的にはかなりの質問に答えただけで何が良い時計ですか?Theyveは、高級ガガミラノコピー時計を構成するものを定義するホワイトペーパーを発表しました。3年間のコースでは、64の基準を満たすために決定されたいくつかの86ブランドを検討して忙しくしてきた。fhhは、時計製造における卓越した時計製造技術と、応用芸術との共生における時計製造の技法を定義します。§この定義を支える価値はアイデンティティ、完全性、相違または独創性、合法性および倫理である。あなたは完全なpdfファイルをここではかなり抽象的に読むことができますが、それでも重要です。ここにもいくつかの良いビデオtheresの。ああ、と思ってyoureの場合には、ロンジンとチューダーは、タグホイヤーとモンブランがあるのに対し、高級時計製造されていません。

2017のために外を見るためにガガミラノを獲得

あなたはバーゼルでラドーのブースに入るとき、あなたはかなりあなたがセラミックとそれの多くが表示されますことを確信することができます。今年のブランドは、さまざまな形、サイズや色で彼らの商標ハイテク時計を提供し、失望していない。ガガミラノの新しいセラミカRados独特の長方形のデザインは、自動アップグレードとマットグレーセラミックの新鮮なケースを与えられている。その後、すべてのストライプのデザイナーとのコラボレーションで作られた真のモデルのブレースをの。私たちのピックは、地形の真の地層と真のブレイズの巧妙なキラキラされた。そしてもちろん、過去には、ラドーのキャプテンクックコレクションを意味する義務うなずくガガミラノの。いくつかの新しいバージョンは、非常に忠実な再発行だけでなく、より近代的なテーマを取るなど、リリースされました。

モンブランは、ガガミラノの生活を改善するために専用のユニセフ、国連機関をサポートしてきました,以来、2004,特定の焦点と(適切に十分な)子供のリテラシーに.彼らは以上の$10m米ドルを寄付した日に、次の12ヶ月以内に別の1.5メートルを約束している。

彼らのガガミラノのユニセフコレクションは、革製品やロゼッタストーンに触発された特にハンサムな筆記具のセットを含む高級なライフスタイルの仲間の完全スイートを提供しています。私たちに特に興味のあるのは、限定版の遺産スピリットオルビステラルム時計のトリオです。Montblancs巧みに設計され、スマートに世界のタイマー、特にカラフルな遺産の精神のバージョンの価格のファンとして記録された。これらの3つの慈善のバージョンは、通常の生産モデルとは異なる都市ディスク上で,中国語とアラビア語のスクリプトは、より親しみやすいラテンバージョンに参加して.そして、定期的な生産モデルは、gmt+1としてパリをマークしながら、このユニセフ版は、ジュネーブ、国連の本部とそれを置き換えます。

ユニセフ遺産スピリットオルビステラルムは、ガガミラノの名声で、正規モデルの微調整バージョンを提供しています。別の(と水は、より重要な)レベルを主張し、あなたの手首を下に見ることができますし、世界のどこでも以下の時間をチェックし、小さな方法で、あなたの時計は、世界をより良い場所に貢献していることを知っている。

これは私がガガミラノから見直した3番目の時計であり

まず、そのガガミラノのメモ、オフィスダイバー。私は時計を分類するために、それは表向きのダイビング時計(として使用される可能性がある)、それはオン土地使用のためのものだと鋳造しています。はい、あなたはそれをデスクダイバーと呼ぶことができますが、私はそれ自身のいくつかのあまり偉大な意味合いを持っていると思います。そして、率直に、私達のサンプルのばら色の金の終わりはちょうどよりよいあだのために呼ぶようである。

アナパシフィックプロフェッショナルと、ディオンMcAseyは、彼の時計(クッションケースでソリッドデザイン)との実証済みの(と素晴らしい)コンセプトを取っており、少し上のものを踏んだ。興味深いことに、これは私がガガミラノから見直した3番目の時計であり、それは私が見た3番目の動きです。この頃、それは作品のための素敵な心である御代田9015自動、です。

それに精通していない人のために、市民はそれが2824と2892の間に落ちることを示す、よりよく知られているetaの動きに代わるものとして、それを配置します。私は時計屋ではない、また私は運動サヴァンですので、私はそれのために彼らの言葉を取るつもりです。私はそれが自分自身のために働いたと言うことができる、と私は常に新しい代替運動が慣れるのを見てのファンだ。

もちろん、これらの変更はすべての内部です。外では、我々がカバーするために必要な非常に目に見えるものです。まず第一に、ケースを見てみましょう。それは私たちのサンプルが持っていたようにpvdコーティングブラック、またはローズゴールド(ブラシ/ポリッシュ表面を交互にしている)のお好みで、44ミリメートル鋼のいずれかです。私は私自身のコレクションで多くの金(イエローゴールドの面で)を持っていないが、ローズゴールドは素晴らしいですが、どのように私は、妥協材料と言わなければならない。これは、ミックスのいくつかの優れた色を取得する方法です,あなたは銀や黒のトーンからの脱却をしたい場合,しかし、イエローゴールドにジャンプする準備ができていない.

ガガミラノ時計は本当にそれが何に使用されると同じではない

(“rペイジ”)は、リチャードペイジ氏によって設定されたヴィンテージの魂を持つ新しい時計ブランドであり、それはかなりの話をしています。あなたが最初に知っておくべきことは、各ガガミラノの時計は、約1890と1930の間から生成された復元ヴィンテージアメリカン懐中時計の動きを使用して限定版であるということです。時計はWrocketと呼ばれ、利用可能ないくつかのバージョンがあります。まず、ペイジ氏自身についてお話しましょう-誰がすでにあなたのいくつかに精通している可能性があります。

ガガミラノの時計メーカーと元時計販売店です。彼はまた、フォーラムを開始するための責任があります。彼はまた、aBlogtoWatchの貢献者であり、私たちは本当にあなたの多くは、彼の記事を楽しむことが幸せです。だから、そのことを考えましょう。だけでなく、リチャードは時計での作業について知っているが、彼はコレクターとして愛好家のウェブサイトを実行している人だけでなく、ハイエンドの時計を販売している誰かの立場にされています。今時計のブランドの創始者は、ペイジは重く、非常に少数の人々がそれを主張することができます-時計業界のほとんどすべての要素に関与している。

リチャードは今、ハワイに住んでいます。彼は、サンフランシスコに住んでいる彼の人生の多くを費やして、数年前に(私はそれを理解して)半退職する小売業を終了します。に関しては、まあそれは長いと複雑な話です。は全盛期の間に種類の最も大きく、最も重要なウェブサイトだった。それは(私は完全にの私の実行を与えられた理解として)とペイジは、後で(大規模な時計に焦点を当てた競売人)にそれを販売したにを販売した1人のためにあまりにも多くなった。ガガミラノは本当にそれが何に使用されると同じではない、と戻ってそれは非常に多くの時計で開かれ、しばしば物議を醸す議論の一匹狼だった。とにかく、それは過去です。Wrocketについて話し合いましょう。

ペイジは、1980年代初頭にガガミラノ時計のためのアイデアを持っていたと主張した。動きをソースすることに加えて、1つの大きな問題はサイズだった。これらの時計のそれぞれの動きは、腕時計ではなくポケットのために作られています。従って動きは39広い。1980年代と1990年代には、39ワイドは、ほとんどの男性の時計よりも大きくない場合は大きかった。39の広い動きが含まれていた時計ケースは、それよりも広いことが必要でした。2000年代初頭の時計のサイズは急速にサイズが増加し始めた,そして最終的には、これらの時計の生産について考えるためにペイジのための良い時間のように見えます.実際には、”Wrocket”という名前は、実際には、時計は本当に手首と懐中時計の融合されている”手首”と”ポケット”の言葉の収縮であることを意味しています。

次のステップは、動きを調達していた。これらの時計で使用される動きの大半は、おそらくいくつかの例外で、1897-1929から生産された。動きはまた、すべてのアメリカ人であり、時計に応じて、彼らはヴィンテージウォルサムやエルジンの動きが含まれています。これらの企業の両方は、かつて米国での時計の主要な生産者だった。多くの専門家は、この期間中に、米国で行われた時計は、世界で最高だったことに同意します。ウォルサムの動きは、マサチューセッツ州では、エルジンの動きはイリノイ州で生産された生産された。動きはもちろん、わずかな違いがありますが、非常に似ています。それぞれが手動で巻かれ、それぞれが子会社の秒ダイヤルで時間を持っており、それぞれがオリジナルの工場の装飾を持っています。

動きを調達することはそれらを元通りにするより困難だったが、ガガミラノは両方を綿密にする必要があった。私が好きなのは、動きは素敵な高齢者の外観を持っているということですが、彼らは律儀に戻って生活にもたらされていることを伝えることができます。これは、主に新しい部分と古い動きではなく、過去から何か素晴らしいのは非常に正直な蘇生。本当に素敵なのは、スタイルの非常にアールデコされている動きに詳細な装飾彫刻です。